理学療法士の仕事 PR

人生を変えたい理学療法士は職場を変えろ!価値観は環境で決まるって話

※本ページには、以下の広告主のプロモーションが含まれています。【トライト】【マイナビ】【Genten Links】【ファンコミュニケーションズ】
ゆういち
ゆういち
30代は人生について考えまくったゆういちです。

今回はアラサー世代の理学療法士に、人生を考え直すきっかけを作ろうと思う。

突然ですが、あなたは「人生いまのままでいいのか」と悩んだことはありませんか?

私は30代に入ってから、ずっと悩んでました。

理学療法士としてそれなりに仕事はしていた。

結婚もして、子どもも産まれて幸せに生活していた。

一戸建てのマイホームも買って、夫としての責務も果たした。

世間的に見れば、順風満帆そうに見えるかも。なのに何か物足りない感じがして・・・。

自分の人生はこのままでいいのか、よく考えていた。

そんなときあることに気づいて、ハッとした。

それは仕事がマンネリ化して、惰性になってたこと

誤解しないでね。理学療法士の仕事はちゃんとやってました。

ただチャレンジしなくってた。

波風なく、淡々と働くことが知らず知らずのうちによくなってた。

あなたはどうですか?

この記事はアラサー世代に贈る、おっさん理学療法士からの人生設計の再提案。

アドバイスなんてえらそうなことは書けないけど、あなたの人生をもう一度見つめ直して欲しい。

「人生いまのままでいいのか」と悩んでいる理学療法士や作業療法士はぜひ読んで欲しい。

理学療法士の成長は職場次第という事実

最初にこれだけはいっておきたい。

理学療法士としての伸びしろや価値観は環境で決まる

つまりあなたの成長や仕事人としての想いは職場次第ってこと。

職場全体が努力して、高め合うような環境であるか

職場で新しいことにチャレンジする雰囲気はあるか

あなたの職場はどうですか?

既存の手技や知識に縛られたり、部長や科長が教祖のようにあがめられて絶対服従を強いられたり。

もうそんな時代じゃないでしょ?

あともうひとつ危ういのが、かつての私の職場みたいに、知らず知らずのうちにぬるま湯体質になっていること。

職場にはがんばろうという雰囲気はありそうに見えるけど、新しい手技を持ち込もうとしたり、何かにチャレンジしようとすると上司のストップがかかる。

いまの仕事の流れを変えたり、仕事を増やしたりすることには猛反対。

こういう職場にいると、上司や同僚に足を引っ張られて成長できなくなるんですよね。

あなたの職場は大丈夫ですか?

理学療法士が個人で努力しても限界がある

理学療法士の個人の努力には限界がある。ひとりでがんばっても、それなりにしか成長できない。

なぜなら、理学療法士はリハビリテーション科というチームの中で成長するから。

ゆういちの妻
ちか
ゆういちの妻
ちか
どんな職場でも自分が努力すれば成長できるって話もあるけど?
ゆういち
ゆういち
もちろんそれは大事。でもそれで成長できるかは微妙。

どんな職場であっても自分は努力すべき。それは当たり前のこと。

でも自分ひとりの努力じゃどうしようもないこともある。

「リハビリテーション科はサッカーチームみたいなもの」と昔の上司がよく話してた。

サッカーは団体競技だけど、プレーのひとつひとつは個人と個人の競り合いで成り立っている。

目の前の選手をドリブルで抜けばチャンスが生まれるし、キーパーが弾けないシュートをすれば点が入る。

でもそれをチームとしてカバーすることもできる。

ドリブルでディフェンダーが抜かれたら、違う誰かがカバーすればいい。

リハビリの現場も同じ。

誰かが休めば、誰かがその穴を埋める。わからないことは上司に教えてもらったり、代行してもらってフィードバックをもらう。

そういう助け合いの中でみんな成長していく。

だから、理学療法士がひとりで努力しても限界がある。

サッカーチームでもそうでしょ?怪物選手がひとりいても、その選手に密着マークしてつぶされたら終わり。

みんなで高め合ったり、新しいことにチャレンジする環境でないと、どこかで成長は止まってしまう。

そしてあなたの仕事人としての価値観も狂ってしまう

アラサー世代はこれに早く気づくべき。

いまの職場の居心地がいいのは、よい職場だからじゃなくて、みんなでぬるま湯につかろうとしているだけなのかも。

成長を目的とせず、楽しむことだけが目的ならそれでもいいけど、成長したかったら努力は必要でしょ?

みんなが努力を怠れば、チームも個人もうまくなるわけがない。

人生を変えるならチャレンジするしかない

人はチャレンジしないと、ますます怠惰でつまらない存在になる。

そうして歳をとり、安定を求めて停滞する。

あなたは5年後、10年後も退屈や窮屈を覚えたまま、成長も働きがいもなくダラダラ生きたいですか?

もしあなたが働き方を変えるなら、30歳前後のいまがラストチャンス

だって歳をとると腰が重くなるでしょ?

住宅ローンの返済もあるし、子どもが塾に通うようになったお金がかかるし、守るものが増えてますます動けなくなる。

ゆういちの妻<br /><noscript><img src=ゆういちの妻
ちか
ある時期のうちの家やなww
ゆういち
ゆういち
あの頃はホンマにつらかった・・・。

さらに就職時の年齢制限など、年齢がネックになってチャレンジする資格すら失ってしまう。

もう一度聞きますが、あなたはいまの退屈な人生でいいのですか?

理学療法士としてもう一段上がりたい理学療法士は職場を変えろ

もしあなたが理学療法士としての人生を変えたいなら、職場を変えることが一番の近道

ここまで読めばわかるように、あなたの成長や価値観は職場に次第だから。

普通に仕事していたら、理学療法士人生を劇的に変えることなんてできない。

でも仕事を辞めてゼロから、人生や仕事感の価値観を見直す余裕も時間もない。

だったら転職することをすすめる。

転職は最もリスクの低いチャレンジで、かつ一気に環境を変えられる唯一の方法。

仕事にマンネリ感を覚えてるなら、職場を変えてみよう。

職場を変えることは働き方を変えること。

それはすなわちあなたの生き方を変えることだから。

アラサー世代の転職には転職サイトが便利。

転職サイトとは就職紹介所のようなもので、担当者に希望を伝えれば希望に沿った転職先を探してくれる。

あなたが成長できると思う職場を探してもらえばいい。

あとアラサーだとこれからお金もやっぱり必要だから、給料の希望もしっかり伝えておこう。

転職サイトは完全無料。転職が決まっても一切お金はかからない。

非公開求人も多数抱えているから、どんな就職先があるか聞くだけでもいいし、わからないことを相談するだけでもいい。

ぜひあなたの人生を意義あるものにしてください。

こちらの記事もおすすめです